オリキャライラストギャラリー(編集中)

amebloにて掲載したイラストのうち主にオリキャラをメインとしたイラストをピックアップして掲載。

インスタもギャラリーとして使ってますが、

そちらでは内輪ネタ色の強いイラストはアップしにくいのでこちらにまとめます。

冒頭に新しいものをピックアップ。その他は順不同で配置してます。

それぞれの画像をクリックするとamebloの当該記事に飛びます。

(2020年7月2日更新)

new

浴衣姿のとらいちゃん

大きくすると白人系移民という設定が生きてきますね。

七夕って事で一応星柄にしてみたのですが、この顔だとUSA感が強い。

なんで「とらいちゃんでした」なんて書いてあるのかっていうのは、画像のリンク先を見て下さい。

(とらいちゃんについてはキャラクター紹介参照)

ブロ友さん達に向けた2020年の年賀状

オリキャラさんたち集合の図です。でも悪魔っ娘がいない…

ブログ内でも語っている通り、お正月に悪魔というのはどうかと思ったというのも本心なのですが、

結局は描くのが面倒くさかったのですな。

だってこれ大晦日に描いてたんですもん(笑)しかも間に合わなくて結局元旦のお昼?くらいに出来上がって掲載。

当初は正月になった瞬間、或は初日の出のタイミングでの掲載を考えてたんですけど、まったく無理でした。

やっぱり事前に用意しておかないとですね。

縁を結ぶ神様

11月5日が縁結びの日という事で、描いたイラスト。唯一神様が神様らしい事をしているイラスト。

久しぶりにこの神様を描いたので、ちょっと衣装を間違えてます。

悪魔っ娘立ち絵


元々別の機会に書いていた悪魔(高頭身)がいて、それをハロウィンに合わせてちび化して誕生したのが悪魔っ娘。

このイラストでほぼキャラデザインが確定。



アイコンの元のJKkishi-chan

今現在も使っているアイコンの元になっているイラスト。ブロ友さんの中ではこれが私の顔になっているらしいので、かえにくい。

鬼っ娘(高頭身)

ハロウィンの時に描いたチビの鬼っ娘(赤)を頭身変えて描いたもの。頭身上げると着物の細部もはっきりするので、ちびの時とは若干衣装を変えてあります。襷も反対色の緑に変えてアクセントにしてみました。

絵の思い入れというか、単に可愛く描けたので気に入ってます♡

神様

オリキャラの神様を頭身上げて描いてみたイラストです。これまではちび状態と、どちらかといえばリアル系の顔の2種類しかなかったので、その中間というかアニメっぽい状態の神様の絵を描こうと思ってこんな感じに。

地味に悩んだのが目の塗り。(脳内)設定通りだと赤白黒金で塗り分けるのですが、どうしても怖い印象に。想定通りの塗り分けで柔和な感じにするにはどうするべきか考えましたが、良い答えが見つからなかったのでとりあえずシンプルにしました。


いざ冒険へ

題名は適当です。武人ちゃんと古代ちゃんそれぞれ単独のイラストを描いた後で合成し、一枚絵にしたもの。当初はただ二人が並んで立っているだけのイラストにするつもりだったのが、あれよあれよという間に壮大な雰囲気を漂わせる一枚絵に…

背景の夕空がいい感じになったかなと思ってお気に入り。遠くの方の人影は神様(オリキャラ)です。

…ていうか神様(オリキャラ)って、書くの面倒臭いな。名前つけて無いから仕方ないのだけど。

一緒に帰ろう

夕焼け空の下、一緒に帰宅の途につく2人。

仲良し♡

花火

一緒に買いに行った浴衣を着て、打上げ花火を眺めています。

因みに上記のイラストは、こちらの浴衣を買いに行っていたという設定があります(後付け)。


&グルメ

たこ焼き

たこ焼きを運ぶ2人。

お届けしているのか、パクっているのかは分からない。

とにかく二人とも力持ち♡

おしゃれ珈琲ゼリー

コップの〇子状態のチビビンガがいい感じ。地味に梯子描くのが面倒でした。

深夜のハンバーガー


ハンバーガーのハンバーグだけほおばる武人ちゃんと、何がしたいのか分からないけど楽しそうな古代ちゃん。


とにかくうらやましい。

おっきなズッキーニ


巨大化した丸ズッキーニ。大味だろと思って口にしたら、本当に大味でした。

まずかった…


チビビンガ

チビビンガ 青


これ以降続くアイコン型のチビビンガシリーズの一作目。

ただ画像のものは二代目で、構図はほぼ一緒ですが顔や装飾は初代のものとかなり異なります。

因みに現在グッズ等に使用しているチビビンガ青はこれをさらに修正して高解像度にした、三代目です。

チビビンガ 桃


チビビンガシリーズ2作目

おねむなチビビンガ。特に眠っている意味は無いのですが、何となくかわいいかなと思ってこのデザインになりました。

これは最初から背景の円環ありきでデザインしており、全体を丸くして渦巻きや花模様も等間隔に配置するなど工夫してみました。

形のイメージ的には根付です。

チビビンガ黄

チビビンガシリーズ三作目

ぱっと見は分かり難いですが、これまでの2つのチビビンガと描き方がかなり変わっています。

画像サイズが倍くらい違うので、描き込みが細かくなっています。羽の表現も細かくなりました。

こちらのチビビンガは途中でステンドグラス風の画像(下)も作成。

思いの外綺麗に出来たので、これ以降ちょくちょくステンドグラス風のイラストを描いてます(主にチビビンガで)。


番外編 チビビンガ女神(日)


他のチビビンガをステグラ風で描いているうちに、ステグラと言えば女神様だよね~と思い、あえて女神っぽさを強調してみたくなって描いたものです。

本体の描き込みを細かくした分、背景はシンプルに光背してあります。色はまだ仮ですがデザイン的になかなかのお気に入り。

番外編 チビビンガ明王


元々は上のチビビンガ女神の対として描き始めたのですが、描いてたら思ってたのと違くなってきてしまって、路線変更。悪魔っぽいけど善なる存在として不動明王が思いついたので、後付けで明王的な立場のチビビンガという事にしました。

目の表現で少し悩み、ブロ友さんにも意見をいただいてこの形に落ち着きました。


Halloween

悪魔っ娘も鬼っ娘も元はこのカテゴリ出身。そのうちこの子らも活躍するかも。

ミイラ娘


包帯ぐるぐる状態はゆるキャラっぽく、ほどけた状態はちょっといかがわしく。

包帯がほどけた状態が描きたくてミイラ娘を描いたのですが、そのおぜん立てとして描いた包帯ぐるぐる状態のミイラ娘の方が評判が良くて複雑でした。

こうもり娘


サキュバスを描くつもりでいたのが、色々あって路線変更。こうもりのおばけという事になりました。

なんとなく民族衣装ぽくなった服装が結構気に入っています。


ヴァンパイア娘


当初はゴスロリにするつもりでしたが、先に描いていた悪魔っ娘と被るのでやめました。

いわゆるミリタリーロリータ風の衣装、袖と裾のバッテン模様がポイントです。


番外編

ガールズ

キャラ設定とかは特になく、ただ描いただけの女の子たち。個人的趣味。

ソフトクリームの日のイラスト

正面向きでも目線をずらすだけで、何となくアートな雰囲気になるのが面白い。


そういえばこういう時服装をどうしようか迷うのですよね…とりあえずトレンドのオフショルを着せときゃいいでしょって事でこの服。

ちなみに当初SoftCreamと表記していましたが、途中で和製英語だと知って慌てて変更しました。

ホタテっこ


7月18日がホタテの日だという事で、パッと頭に思い浮かんだのが貝殻水着。

(その前に海辺のイラストを掲載していたので、その流れで思い浮かんだのですが)

これは描かなきゃ!と思ってこんな感じに。

当初は伝説の上下ホタテの水着にしようと思ったのですが、ブラはともかく下はちょっと防御力が低すぎるので、日和ってパレオで隠しました。

恐らく今のところブログに掲載した中では最もきわどいのかなと思われるイラスト(正確にはこの画像ではない。気になる方は下のリンクから元記事の方へ)

正直な事言えばもっと際どいというかアウトな絵も手元にありますが、アメブロには載せられませんね…

…ここはどうなのだろう、載せてもいいのかな?


猫娘

特に理由なく描いたジャンピング猫娘。

クラシックスタイルの服装が好み。

こちらの猫娘については後付けで色々設定を考えてみましたが、その後登場する機会があんま無いのでとりあえずお蔵入り。

牛娘


特に理由なく描いた牛娘。

大きなお胸にくびれた腰。肉感的なボディに対して純朴そうな田舎フェイスが、我ながら気に入っています。

服装的にはカウガールという感じ。


よく漫画に出てくる牛娘は、乳牛のイメージのせいか極端に巨乳に描かれる事が多いのですが…個人的にはこのくらいの大きさで抑えておきたい。

犬娘

犬の日に合わせて描いた犬娘。

犬の日という事で多くの方がラブリーな愛犬の写真を投稿している中、セクシーな犬娘を描いて投稿してやりました。


スク水オンパーカー。

布面積多いくせに、ビキニより何となくセクシーなのが不思議。

かえる娘


どう見てもカエルのカッパを着た女の子なんだけど、一応コンセプトとしてはかえるの女の子という事で描いたので、人外カテゴリーに含めています。

意外と受けがいい。


神様・仏様

こちらも個人的趣味。

衣装とかを自分らしくアレンジするのが好き。

天照大神

言わずと知れた日本神話の太陽の女神。

弁才天(サラスバティ)


いわゆる弁天様ですが、こちらは元になっているサラスバティ(ヒンドゥー教の女神)の姿。


唐突に海外の女神さまを描きたくなったのですが、なるべくなら縁起の良い神様にしたいなと思って、なじみ深くわかりやすい弁天様に白羽の矢を立てました。

ポイントは4本の腕。エキゾチックな姿にキュンときます。


弁才天

こちらは日本化した正真正銘の弁天様。

上のサラスバティと同じ神様という繋がりがを出したくて、髪型(横毛のはね)や髪飾りを似た形状にしてあります。

ほんわか日本風な顔立ちに、唐風の服装で手には琵琶。インドから中国を経て日本に伝わった神様という事をイメージしてみました。

天照大神


他のイラストとちょっと雰囲気変えてみたくてこんな感じに。

なんていうかヨーロッパの古い絵本とかにあるような、のっぺりした感じの、油絵みたいな色塗りにしてみたかったのです。

場面のモチーフとしては天照大神がミズラに結って武装し、高天原に昇ってきたスサノオノミコトと対峙しているシーン。

神話の中では弓と矢が持ち物だったはずですが、盾を描きたかったので矛と盾にしています。

矛と盾…

矛盾…

妙音天祇園精舎で迦陵頻伽を眺めるの図


雅楽(舞楽)の迦陵頻という曲の解説に登場する場面をイラストにしたもの。

ここに登場している三体の迦陵頻伽の服装が、後述するオリジナルキャラのチビビンガの衣装に活かされていると思われます。

チビビンガ誕生の一つのきっかけとなったイラストという意味で、今考えるとちょっと特別かも。